Home > Mail Magazine > 「ピンボケを減らす…」

「ピンボケを減らす…」

★ピンボケを減らす…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ピンボケを減らす
わずかなピントのズレで良し悪しが変わる
水中写真では、とても小さな生き物が被写体になることもしばしばです。一見するとピントが合っているよ うに見えても、拡大してみると、ピントがずれていたという経験はありませんか。ピントを合わせたい部分から、ほんの数ミリピント位置がずれてしまうだけで 「惜しい写真」になってしまうこともあります。そんな惜しい失敗はなるべく減らしたいものですよね。今回はそうしたピント合わせのコツについて解説してい きます。

正確なピント合わせには、安定した姿勢が大切
陸上よりも重力の影響を受けにくい水中では、撮影姿勢を安定させることが大切です。不安定な撮り方や、片手でのカメラ保 持などでは、正確なピント合わせは難しくなります。体が不安定だと、ピンボケやブレなどの失敗も増えてしまいます。毎回ピシッとピントが合った写真が撮れ ないという人は、撮影姿勢を改めて見直すのも必要かもしれません。

「半押し」は必須技術!
デジカメは、シャッターボタンを押しきらず、半分ほど押し込むとオートフォーカスの機能が起動して、ピ ント合わせを始めます。これが「半押し」と呼ばれるもので、半押しをせずにそのままシャッターボタンを押してしまうと、ピントを合わせる前にシャッターが 切れてしまい、ピンボケ写真になってしまうのです。半押しをして、ピントが合うと、ランプや音で知らせてくれます。まずは半押しを覚えて、自分のデジカメ はどのくらいシャッターボタンを押すと半押し状態になるか練習しましょう。普段グローブをして水中写真を撮っている人は、グローブありの状態で練習するの もいいでしょう。海に行かなくても家でできる練習ですから、ぜひ試してみてください。

コンティニュアスオートフォーカスや自動追尾オートフォーカスなど、被写体との距離が定まらないときの撮影に適したオートフォーカスのモードを使いこなそう

被写体を明るく照らすもの、正確なピント合わせのコツ
デジカメのオートフォーカスは、暗いところや、コントラストのないものなどにピントを合わせるのが苦手です。ですので、 撮影用のストロボとは別に、ピント合わせの補助光として、ライトを準備するのもおすすめです。被写体を明るくすることで、ピントがより合わせやすくなりま す。ストロボを使わずライトを光源にして撮影しているという人はそのままのスタイルでいいでしょう。

深度合成機能を使ってみる
機種によっては、深度合成と呼ばれる機能がある機種もあります。これは一回シャッターを切ると、デジカ メが自動でピントの合う位置を少しずつずらしながら何枚も撮影し、手前から奥までピントの合った写真を一枚に合成してくれるというもの。下の作例では、背 景のボケ具合が違うのがわかるかと思います。小さくピント合わせの難しい被写体にはありがたい機能ですが、シャッターを切っている間、カメラを固定しなく てはいけないのと、ストロボの発光ができないなどいくつかの条件がありますので、取り扱い説明書を読みながら試してみてください。

深度合成モードの画面。機種によって機能の有無、設定法などは異なる

まとめ
ピント合わせについて解説してみました。陸上ではピンボケ写真は ほぼ皆無といえますが、水中という環境では失敗してしまうミスの一つです。基本中の基本の技術ですので、しっかり覚えてシャープなピント合わせを心がけて ほしいものです。

*月刊『マリンダイビング』のカメラマンのはらだま

Comments:0

Comment Form

Home > Mail Magazine > 「ピンボケを減らす…」

Search
Feeds
Meta

Page top