Top > Mail Magazine > 「ストロボを使いこなそう」

「ストロボを使いこなそう」

水中写真に関するお悩み相談でお問い合わせの多い、ストロボの話。
ストロボ撮影の注意点は? 1灯2灯どっちがいいの? ストロボの向きは大丈夫?*MD
水中写真ではストロボはマストアイテム?!
 陸上でも写真を楽しんでいる人は、あまりストロボを使用しての撮影というのは経験がないかもしれませ ん。陸でストロボを使う場合、明暗差を弱めたり、暗くて手ブレを起こしそうなときに使うことが多いですが、水中写真の場合は、青カブリした色を太陽光下で 見た色に近付け、本来の色を再現するために使用するのが、水中でストロボを使う主な理由です。ですので、水中写真ではストロボはマストアイテムといってい いほどの大切な機材の一つであり、使い方で写真の印象が大きく変わるといえるでしょう。
ストロボの設定を確認しよう
 コンパクトデジカメやミラーレス一眼など、ハウジング内に内蔵したストロボは、強制発光モードにセットしておきましょ う。陸上であれば、ストロボの発光の有無は、明るさによってデジカメが自動的に判断するオート発光でも問題ないと思いますが、水中では前述のように色を再 現するために、毎回の撮影で発光する必要がありますので、強制発光モードに切り替えましょう。また、外部ストロボを使用するときも、内蔵ストロボの発光に 連動して光るので、内蔵ストロボは強制発光モードにセットしておく必要があります。
2灯撮影で影を弱める
 初めにストロボは色を再現するためと解説しましたが、ストロボを使用すれば、影ができます。影は立体 感や凹凸を感じさせるには、必要なものですが、あまり影が濃すぎるのも暗い印象を与えてしまいます。そこでストロボを左右から当てて、影を相殺するように 発光させると、影の薄い、柔らかな印象の写真になります。ただし、立体感を弱めてしまうときもあるので、ライティングには注意しましょう。
縦位置写真は、ストロボの向きに注意
 縦位置で撮影する場合、内蔵ストロボ、外部ストロボともに、発光部とレンズの位置関係に注意しましょ う。縦位置の構え方というのは、無意識で構えると、各自のクセで右手が上になる人、下になる人それぞれがいます。ストロボがレンズよりも上になる構え方で あれば、影は被写体の下にできますが、逆の構え方だと下から光が当たることになり、影が被写体上部にできて、いわゆる「お化けライト」のようなライティン グになります。外部ストロボを使用しても、可動範囲の狭いアームですと、こうしたことは起きやすくなるので、縦位置で構えるときはストロボの向きを意識し てみましょう。
まとめ
 ストロボを上手に使うための解説でした。光の当たり方次第で、写真の印象は大きく変わりますので、ストロボを発光させる位置を工夫してみると、写真が変化すると思います。ぜひ試してみてください。

*月刊『マリンダイビング』のカメラマンのはらだま

Top > Mail Magazine > 「ストロボを使いこなそう」

Search
Feeds
Meta

Page top